ロニタブ通販で薄毛解消生活

AGAに悩む男性人は外見がすべてじゃないとはいいますが、第一印象を形成するのは外見がほとんどです。

その外見を構成するパーツにコンプレックスがあったら…人と知り合ったり対面する行為が、苦痛そのものになってしまいかねません。

外見を構成するパーツの中でも特に人目について目立つのが『頭』です。

実はこの頭というパーツにコンプレックスを抱える人はとても多いのが現状です。

頭を悩みとする最大の要因が薄毛や抜け毛です。

年をとったら仕方がないという意見もあるかもしれませんが、若くして他の人よりずっと髪の量が少なかったりする人がいます。

また、おそらく年上であるにも関わらず髪にボリュームが残っている人もいます。

このことから、薄毛の原因が加齢によるものだと一概にいえないのは確かです。

薄毛や抜け毛はなぜ起きて、どのように対策をとればいいのでしょうか。

 

ロニタブで解消する前に知っておくべき薄毛・抜け毛のメカニズム

薄毛になるのは、頭皮の状態に異常があるためです。

髪の毛にはヘアサイクルとよばれる周期があります。

ヘアサイクルは

成長期:生え始め、また成長途中の髪

退行期:成長しきって、休止しようとしている髪

休止期:退化し、抜けていく髪

の3つに区分され、人の頭皮では生まれたときから成長期→退行期→休止期の順に繰り返されています。

このヘアサイクルを左右しているのは、頭皮にある細胞の毛乳頭と毛母細胞です。

毛乳頭が発毛や脱毛のシグナルを出し、毛母細胞がそれを受け取って髪の毛を作っています。

生えては抜け、また次の毛が生えてくるために髪が抜けるのは、頭皮がちゃんと活動している証拠なのです。

 

ヘアサイクルの崩れが薄毛の要因になる

さまざまな要因によって頭皮の活動が妨げられると、髪が生えて抜けるというペースが乱れてしまい発毛に対して抜け毛が多くなってしまいます。

そうなると、頭髪はどんどんと減り薄毛となるわけです。

このヘアサイクルの乱れを引き起こす一番の原因となっているのがAGAと呼ばれるものです。

 

AGA(男性型脱毛症)とは?

AGAに悩む男性AGA(男性型脱毛症)は、日本で薄毛・抜け毛に悩む男性の大半数が当てはまる病気です。

この病気は、テストステロンという男性ホルモンが酵素の5αリダクターゼに出会い、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変換されることで始まります。

DHTは毛母細胞に働きかけ、新しい髪の毛の発毛や成長を邪魔する作用を持っています。

この病気は体内のホルモンの活動によって引き起こされるものなので、AGAを本格的に治療したいという場合は普通の育毛剤では不十分なのです。

現在は、フィナステリドやデュタステリドといったAGAの原因となるDHTの産生を抑制する医薬品が多数登場しており、AGA治療が比較的容易になっています。

こうした医薬品を用いることによって、AGAの原因となっているヘアサイクルの乱れを改善していくことができます。

 

より効果的なAGA治療には育毛剤が必須

AGAの治療を行っているけどあまり効果を感じられない人は少なくありません

なぜなら、AGA治療薬はあくまでもヘアサイクルを正常化するだけであり髪の毛の成長速度が変化したりするわけではありません。

そのため、髪が生えそろい成長している期間はどうしても頭髪が薄い状態というのが続きます。

そこで多くの人に注目されているのがミノキシジルなどの育毛成分を配合した医薬品です。

中でも多くの人に利用されているのがロニタブです。

 

ロニタブで薄毛治療に取り組む

薬を飲む人ロニタブは、ロニテンという育毛剤のジェネリック医薬品としてIntas Pharmaceuticals社から製造・販売されました。

ジェネリック医薬品は新薬を基盤に、さらに新薬より安価で販売できるよう製造が許可された医薬品です。

そのため、大きな違いは価格に関する点のみとなり、ロニタブとロニテンは同じ成分で同じ効果を発揮するように作られています。

ロニタブはロニテンと同じく、有効成分にミノキシジルを含みます。

そのため、ミノタブ(ミノキシジルタブレット)ともよばれています。

 

AGA治療に役立つロニタブ。その効果とは?

ミノキシジルは、高血圧に対する有効成分として研究・開発が行われていましたが、服用した患者たちから『多毛症』と見られる症状が現れました。

その結果、高血圧の治療ではなく多毛症の効果に着眼し、育毛剤として開発されるようになったという背景があります。

体毛が増えるのは、ミノキシジルが血管を拡張させる効能を持っているためです。

この効能を受けることで毛細血管が拡張し血流が改善します。

頭皮の毛細血管も同様に血行が良くなり、様々な栄養が頭髪へと流れ込みやすくなります

これによって毛乳頭と毛母細胞の活動が活発になり、髪の毛が成長しやすい頭皮を取り戻せるのです。

ロニタブはAGA治療薬ではないので、AGAの原因に直接作用することはできませんが他のAGA治療薬と併用して使うことによってAGA治療薬では不可能な髪の成長を促すことが可能になります

ロニタブで育毛を促進つつし、AGA治療薬で薄毛の進行を食い止めるという、効果的な組み合わせとされています。

特に有効成分フィナステリドを含んでいるプロペシアなどのAGA治療薬は、ミノキシジルと併用されるケースが多いようです。

よりロニタブの効果を得るために、正しい服用方法を身につけていきましょう。

 

ロニタブの用法用量は?

薬を飲む人1日に1~2回の服用回数で、1回の服用量につき1錠になります。

通常は1回の服用ですが、効果を感じられない場合は1日2回の服用が推奨されています。

その場合、1回目と2回目の服用に12時間以上の間隔を開けてください。

服用のタイミングは決められていません。

しかしミノキシジルは胃に負担をかけやすい成分であるため、できれば食後に服用したほうが安全です。

 

ロニタブを使っている人のクチコミ

Aさんの場合

男性のイメージ とにかく頭の天辺がスッカスカなのが気になる!

できるだけ早めに発毛する方法はないか、と考えていたところにロニタブを紹介されました。

飲んでもうすぐ2ヶ月経ちますが、ちょっと太めでくっきりした黒髪が増えたように思います。

今だから言えますが、育毛剤全般をちょっと疑っていたので…「ちゃんと生えてくるもんなんだなあ」と家族で驚いています。

 

Tさんの場合

男性のイメージかつてないほど真面目に育毛剤を飲みました。

今年のはじめの頃に比べると、少しは増えてきたような気がしています。

毎日写真を撮って確認すればよかったなと思っています笑

とりあえず、夏本番までにもっと増えないかなあと期待してます。

 

Kさんの場合

男性のイメージおそらく親の遺伝によるAGAだと思うので、ロニタブとプロペシアをセットで買って飲むことにしました。

飲み続けて3ヶ月ぐらいですが、とりあえず抜け毛は治まりました。

新しい髪は、最近ようやく生えたのを実感できた感じです。思っていたよりちょっと遅い…?

 

Iさんの場合

男性のイメージ薄毛だった友人が、数年ぶりに会うと普通の短髪になってました。

うらやましくて「何の育毛剤使ってるの?」と聞いてみたらロニタブを教えられ、思い切って買ってみたんです。

育毛剤を使うのはこれが初めてで、もちろん初期脱毛のことなんか理解できてませんでした。

飲んで2週間経つと、急に抜け毛が増えたのでびびりました。

えっ偽物!?と友人に聞くと、抜けた所に毛が生えてくるんだよと説明を受けてようやく安心。

どうやら、自分は初期脱毛でも抜ける量が多いタイプだったみたいです。早く新しいの生えてほしいです。

 

Sさんの場合

男性のイメージ最初はロニタブだけにしようと思ってたんですが、初期脱毛が一ヶ月続いたので不安になってしまい、フィンペシアもいっしょに飲むことにしました。

実はフィンペシアにも同じような副作用があるらしいので、あんまり意味なかったですね(笑

でも、抜け毛を食い止められるならいいかと思って、同時服用を続けています。

二ヶ月目で、チクチクするような髪が増えてきたのがわかりました。

フィンペシアは効果が出るまで時間がかかると聞いているので、この髪は多分ロニタブのおかげ?だと思ってます。

 

Rさんの場合

男性のイメージ仕事で頭を下げるのが嫌で嫌で、できるだけてっぺんが見られないように、いつのまにか絶妙な角度のお辞儀を習得してました。

いっそまんべんなくハゲてたら開き直れたのに、薄いのは頭頂部だけというのが逆に強いコンプレックスになってしまうんです。

とにかく早めに薄毛をカモフラージュできたら、と思って見つけたのがロニタブです。

服用してもう4ヶ月になりますが、随分ましな状態になったと思います。

てっぺんがチリチリ生え始めたのに合わせて、周囲の毛も切りそろえました。

今やどこからどう見ても立派な短髪です。死角はありません笑

 

ロニタブを服用する上での注意ポイント

副作用に悩む男性ロニタブは外用薬に比べて強い効果を発揮しますが、副作用も外用薬に比べて強く生じやすいです。

そのため、服用の際には気をつける点がいくつかあります。

 

ロニタブを含む育毛剤の多くは、服用し始めて数週間から約1ヶ月にかけて抜け毛が増えるという現象が見られます。

これは次に生えてくる髪の毛のために、成長の見込みがない休止期の髪の毛が抜け始めている状態です。

これを初期脱毛とよび、ロニタブの効果がきちんと現れ出しているとも判断できます。

副作用というより、体のサイクルが正常になってきている結果だといえます。

初期脱毛の量には個人差があり、すぐに抜け毛が止まった人もちょっと驚くほどの量が抜ける人もいます。

ここでロニタブの服用を止めるとヘアサイクルは復活せず、抜けた後に新しい髪の毛が生えてきません

結果として、薄毛の範囲を広げたまま中断することになってしまいます。

初期脱毛を経て、育毛のためにどこまで服用を続けられるかどうかが、薄毛治療成功の分かれ道です。

 

ロニタブの服用によって生じる副作用として、次のような症状が報告されています。

・ほてり・頭皮のかゆみ

・動悸、目眩、頭痛

・嘔吐

・体毛の増量

・むくみ

・体重増加

これらはミノキシジルの効能によって生じるものです。

悪化する、あるいは重度の症状が見られる場合は医師に相談してください。

また、ロニタブには併用禁忌薬として、血圧降下剤(降圧剤)が定められています。

ロニタブの持つ血管拡張作用と合わさって、血圧を著しく低下させる恐れがあるためです。

このロニタブの作用によって、服用後は心臓に負担がかかりやすいため、循環器系の持病がある人は服用を避けてください。

ミノキシジルにアレルギー反応を起こす人、高齢者による服用は禁止されています。

服用にあたって不安な点があれば、医師に確認をとると何より安心です。

安全なロニタブ治療を目指しましょう。

 

ロニタブを通販で買う

通販を利用する男性最後に、気になるロニタブをお得に購入する方法についてです。

ロニタブは日本の病院では処方されておらず、ドラッグストアでも取り扱いがありません。

日本国内では販売が認められていないためです。

しかし自分で買いに行くことができなくても、現代には通販という手段が発達しています。

そこで今回は、海外から国内まで目当ての商品を取り寄せる通販について紹介します。

この方法は、一般的に『個人輸入』とよばれるやり方です。

 

個人輸入とは

海外の商品を個人的に注文して国内に届けてもらう方法を、個人輸入といいます。

個人輸入を利用すると、ロニタブを含む日本ではまだ扱われないジェネリック医薬品やサプリメントの多くが、低価格で見つかります

気になるものをまとめ買いすれば配送料も少なくすむし、何度も受け取りする必要が無くて楽になります。

また梱包して家まで届けてもらえるため、周りに見られたくない医薬品でも安心です。

このように、個人輸入を利用することで得られるメリットはいくつもあります。

その一方で、海外サイトにおける偽物商品の多さ、海外との交渉の難しさなど、デメリットも挙げられます。

これらのデメリットを少しでも軽減するために運営されているのが『個人輸入代行サイト』です。

個人輸入代行サイトでは海外の商品が日本語の説明文で表示されており、購入の手続きからサイトへの対応まで、利用者が外国語を使う必要がありません。

また、特定商取引法や問い合わせ先などをサイト内で確認することで、サイトや商品の信頼性を自分で判断しやすくなります。

さらに、幅広い商品をまとめ買いしやすくなっており、サイトによってはポイントがつくシステムもあるので、次からの買い物もお得になるのです。

商品を選んで自宅に取り寄せるまでの操作は、日本国内の通販サイトとほとんど変わらないので、通販を利用した経験がある人にとっては大変利用しやすいでしょう。

個人輸入を利用するときは、以下のことに気をつける必要があります。

・商品を第三者に譲らない

・商品を転売しない

・誰かの代行で購入しない

ロニタブのパッケージこれらは、購入した商品を個人使用のみ目的の目的で留めること、商品は自己責任で使用すること、というふたつの条件に基づいた規約です。

この条件が守られているからこそ、個人輸入は合法行為として成り立っています。

以上のことを知った上で、個人輸入代行サイトを便利に活用してみてください。

 

個人輸入の方法がわかったら、ロニタブを手に入れるまであと少し。

はじめての人もそうでない人も、ロニタブの育毛治療に挑戦してみませんか?

ロニタブの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました